訪問治療のメリット

電動はぶらし

現在歯科の分野は医療福祉として大きな役割を担っている。歯そのものが健康に直結している。噛むという行為が人間にとって大切なことであるからだ。8020運動というものがある。80歳になるまでに20本以上の歯を残していこうという運動だ。今の歯科技術であれば日頃のケアや初期治療で可能となってきている。しかし、今現在治療が終了し、歯そのものがない人たちがいる。そのような人たちの助けになっているのが、差し歯や入れ歯である。手ごろな価格で手間もあまりかからない差し歯や入れ歯は歯のなくなってしまった人にとって大いに役に立っている商品であろう。今後もより費用や手間がかからない商品が開発され私たちの生活はより便利になってくるだろう。

一昔前までは差し歯や入れ歯が主流となっていたが、現在ではインプラント治療というものがある。差し歯や入れ歯とは違い歯茎に金属の土台を植えこんで外れなくする治療のことである。治療してしまえばもともと歯があった時のようなケアで済んでしまうので楽である。しかし、この治療には大きな費用が掛かってきてしまう。大きく見積もっても一本の歯を治療するのにあたり訳40万前後必要になってきてしまうのである。ただし、インプラント治療は医療費控除の対象になっているので確定申告を忘れずに行えば所得金額から控除を受けられるようにはなっているが、まだまだどのような所得の人も気軽に受けられる治療とはなっていないため今後大きく改善の余地があるだろう。