小児の歯医者

治療

ものを食べるのに必要で、強靭な強度を持っている私たちの歯。ものを噛むだけでなく実は歯をくいしばることによる「踏ん張る力」も歯によって得ることができているのです。しかし、虫歯や口内の病気によってしばしば抜いてしまわなくてはいけなくなったり、痛みで生活に支障をきたしたりします。乳歯が抜けると新しいものは生えてきませんから、適切な治療を受けたりあらかじめ歯へのダメージを軽減することが大切になってきます。もちろん、歯を守るために定期検診などで歯科を訪れることも大切ですが、最も大切なのは「自分の歯の状態を知ること」、つまり歯をしっかり磨くことです。歯を磨くことで虫歯の予防にもなり、自分の歯の状態を確認することもできます。

先述したように、大切な歯を守るためには「歯を磨く」ということが重要です。しかし、単に適当に歯ブラシを買って何も考えずに磨くのでは、歯のケアとしては良いとは言えません。歯磨き粉や歯ブラシには近年多くの種類が誕生してきました。なかには、舌を磨くのに特化したブラシなども存在します。効果や目的が歯磨き粉や歯ブラシによって異なるので、様々な会社の商品を比較して自分にあったものを選ぶことも重要になってきます。更に歯を安全に保つひと工夫として「自分の歯をよく見ること」があげられます。歯磨きの際に自分の歯をよく確認しながら磨くことで汚れもしっかり取れ、見なければわからない歯の異常にも早期に気づくことができます。