歯の相談

歯ブラシと歯磨き粉

従来は虫歯治療には、パラジウム合金による銀歯が使われるのが一般的でした。しかし昨今では、レジンやセラミックやハイブリッドセラミックによる義歯を使った虫歯治療を勧める歯科が増えてきています。なぜなら、パラジウムの価格が高騰してきているからです。市場価格が高くなってはいますが、銀歯による虫歯治療は健康保険の適用内となっているため、治療費はほとんど据え置きという状態です。保険治療ですから、人々にとって負担の少ない価格設定になっているのです。そのため現在の歯科では、市場価格よりも安く銀歯を提供しなければならなくなっています。それによる経営難を避けるために、銀歯以外の義歯による虫歯治療を勧める歯科が増えているわけです。

もちろん歯科がレジンやセラミックやハイブリッドセラミックを勧める理由は、それだけではありません。これらは全て白色なので、銀歯のように目立ちません。本来の歯と同じように見えるため、美容面における妨げにならないというメリットがあるのです。さらに、歯茎が黒く変色しにくいというメリットもあります。セラミックやハイブリッドセラミックの場合、強度の面でも銀歯を凌駕しています。欠けたり磨耗したりすることが少ないため、良い状態のまま使い続けることができるわけです。こういったメリットから、歯科では患者に積極的にこれらを勧めているのです。勧める歯科も、メリットの多さからこれらを選択する患者も、今後どんどん増えていくと予想されています。