審美と矯正の違い

デンタルクリニック

親知らずはたとえ真っ直ぐ生えてきたとしてもトラブルの元になる場合があります。なぜかというと、一番奥にある歯で磨き残しが残る可能性が高く、虫歯になってしまうことが多いからです。なので、親知らずが痛み出したら、歯科に行ってどうするかを相談しましょう。歯科医によっては、治療出来て、下の親知らず、あるいは上の親知らずと噛み合っているのであれば抜歯せずに残そうという人もいますが、一度、トラブルを起こした親知らずは、たとえ治療したとしてもまたトラブルを起こす可能性が高いので抜いてしまった方がいいという歯科医もいます。最終的には患者がどうするのかを決めることが出来るので、医師の話をよく聞いて判断するといいでしょう。

では、もし親知らずを抜くということになった場合はどうすればいいのでしょうか。まず、上でも下でも、真っ直ぐ生えているのであれば、どんな歯科医でもちゃんと抜いてくれますので安心していいです。しかし、あごの小さい人に親知らずが生えた場合、まともに生えるスペースがなくてちょっとしか出てこなかったり、埋まったまま隣の歯を押してしまうということがあります。そのような歯を抜く場合は数時間かかる場合があり、非常に難しい抜歯になります。こういう場合は、大きな病院へ行って全身麻酔をかけて抜いてもらうというのも一つの手です。ただ、全身麻酔をかけるとなると、非常に大がかりな抜歯になり、勿論、入院が必要なので注意が必要です。ただ、普通にいけば寝ている間に抜歯が終わっているので患者としては楽です。